朝ごはん画像

目下ダイエット中の私。

ダイエットをする人=食事を抜くってイメージがこれまでありました。

1日の摂取カロリーが消費エネルギーを上回ってしまったら太ってしまうから、痩せるには食事を抜くのが手っとり早そう・・。

また朝は忙しいから、食事は朝の方が抜きやすいというのもあります。

ダイエットと食事の関係を調べてみると、

・朝ご飯を食べると太る
・朝ご飯を食べると痩せる

どちらの意見もありました!

ダイエット初心者からしたら、どっちなの!?と戸惑ってしまいますよね。

そこで私が独自に、ダイエット中は朝ご飯を食べた方がいいのか、抜いたほうがいいのかを調査してみました!

調べてみた結果、なんと朝ご飯を食べる・食べない両方ともメリットがあったんです。「

まずは朝ご飯を食べるメリットを挙げますね。

朝ご飯を食べるメリット

1.太るのを予防してくれる

朝ご飯を食べなかったら当然お腹がすくので、朝ごはんの代わりに間食をしてしまったり、ランチを食べすぎたりしてしまいます。
また体が栄養を吸収しやすくなり、少しのカロリーを摂取しただけでも脂肪として蓄えようとしてしまうのです。
朝ご飯をたべるとそういった事を防いでくれるので、結果的に太るのを予防してくれます。

2.便秘の解消

朝ご飯を食べると眠っていた胃や腸が動きだし、排便が促されます。
便秘気味の人は朝ご飯をしっかり食べた方がよさそうです。

3.代謝アップ

朝ご飯を食べると代謝がアップします。
代謝が低い状態だと摂取したエネルギーを消費出来ず、太りやすくなってしまうのです。

4.集中力や記憶力がアップ

夜寝ている時もエネルギーが消費されるので、朝起きた時は脳がエネルギー不足になっています。
朝ご飯を食べると脳へエネルギーがチャージされ、集中力や記憶力がアップし、勉強や仕事が捗りやすくなるんです。

朝ご飯を食べると代謝が上がり、その分カロリーも消費される・便秘も解消!活動的に動けた結果痩せるっていう感じですね!

朝ご飯を食べないメリット

朝ご飯を食べた方がダイエットにも良さそうだけど、食べない方にもメリットがあるとはどういうことなのでしょうか?

1.摂取カロリーを減らせる

食べ過ぎで太ってしまっている場合、朝ご飯を抜けば単純に1日の摂取カロリーを減らせます。

2.若返りの遺伝子が活性化

若返りの遺伝子をサーチュイン遺伝子といい、空腹状態が続くとサーチュイン遺伝子が活性化して、細胞の老化を遅らせることができるのだそう。
サーチュイン遺伝子が活性化すると、生活習慣病の予防やガン予防にもなるんです。
またサーチュイン遺伝子の活性化は美肌効果も!美容には良さそうですね。

3.内臓を休ませられる

1日3食がっつり食べる・お酒を良く飲む人は肝臓など内臓が疲れている状態にあるようです。肝臓が疲れてしまうと、食事をしても活動エネルギーに変換できず、食べているのに栄養・エネルギー不足になり疲れやい体に。
朝ご飯を抜くと内臓を休められる場合もあるんです。

このように、朝ご飯は食べるにしろ食べないにしろ、メリットはあります。

朝ご飯を食べた方がいいのか、食べない方がいいのかは、その時の体のコンディションによるのではないでしょうか?
いくら食べた方が代謝が上がるとはいえ、普段から食べ過ぎでいると内臓が疲れてしまいます。
例えば夜に飲み会があって、お酒や脂質が高い食事をとったのなら、次の日の朝ご飯は抜いて内臓を休ませるというのもアリですよね。

疲れて夕食もろくに食べずに寝てしまった・・というのがあれば、朝ご飯はしっかり食べた方が代謝が上がります。

どちらかに偏るのではなく、結局のところ自分の体のバランスに合わせて朝ご飯を食べるか食べないのか判断した方がいいでしょう。